恋愛ハウツー

恋愛心理学で最も効果的と実証されている7つの恋愛テクニックとは?

7つの恋愛テクニック

動画で観る

あなたはもしかして今、恋愛について悩んでいませんか?

例えば身近に好きな人がいて、ちょくちょく顔を合わせたりはしている。

でも、どう行動したら恋愛に発展するのかわからない。

もっとその人を、身近に感じるようになりたい。

出来れば『おつきあい』もしたい。

そう思っているなら、次に示す『7つの法則』を試してみる価値はありそうです。

心理学に学ぶ!とっても効果的な7つの恋愛テクニック

恋愛に“駆け引き”は重要です!

心理学的にも実証されている恋愛で、有効なテクニックを7つ紹介します。

それでは早速始めていきましょう!

ゲインロス効果

ゲイン(得るもの)と、ロス(失うもの)の差が大きいほど、強い印象を与えられることに由来した言葉です。

ギャップのある一面を見せることで、相手に鮮烈な印象を残すテクニックです。

例えば男性に人気の“ツンデレ”など、意外な一面に気がつくと、それだけで相手が気になってしまうものなのです。

真面目なタイプならセクシーな服装をしてみたり、ギャルタイプであれば家庭的な一面をアピールしてみたりも効果的、重要なのは相手にある程度あなたの印象を植え付けた上で、「意外な一面」を見せることです。

ツンデレの正体はまさに「ゲインロス効果」なのです。

YESの法則

会話の中で連続して肯定的に答える、(ハイ)とこちらに好意を持ってしまうテクニックで、心理学的にも実証されている、好感を呼ぶ会話方法です。

人は複数回連続で『イエス』と答えると、その流れで一貫性を保ちたくなり、ついそのまま『イエス』と言ってしまいやすくなります。

「イエスセット」という心理テクニックで、数回相手にYESと答えさせる簡単な質問をした後、本来のオファーをすると、YESと答えやすくなるというもの。

『簡単な質問』形式にすること、必ず『YES』と答える質問を組み立てることが重要です。

例えば

「今日は寒いですね?」

「寒いときは温かいものが欲しくなりますね」

「何か温かくなるものでも食べませんか?」

といったような会話で『イエス』を誘います。

ダブルバインド

これは自分が思っている方向へ、二者択一で相手を誘導するテクニックです。

例えば

「今度映画に行かない?」ではなく、「今度の土曜か日曜日、映画に行かない?」と選択肢を提示し誘導していくことで、自分の目的を成功させる確率が格段に上がっていきます。

人間は意外と自由に選択するというのが苦手です。

そのため「自由に選んでいいよ」と言われると、意外に迷ってしまう人が多いのです。

最初から選択肢を少なく絞っておくことで、どれかが選択されやすくなります。

まるで“自らの意思で”決断した、または選択したと思わせるテクニックです

選択肢は予めあなたが選んだものなので、どちらを相手が選んでもあなたの思う壺です。

フット・イン・ザ・ドア

小さな頼みごとをしてから大きな頼みごとをすること、最初に小さな依頼から始めると、大きな要求(本命目的の要求)が、受け入れられやすくなるというテクニックです。

読んで字のごとく、訪問販売のセールスマンが、「話だけでもいいんで」と言いながら、ドアに足を突っ込んでいる、そのような状態です。

無料サンプルや試食品を直接販売員から提供されると、その後の売り言葉に、断りづらくなってしまいます。

物の貸し借りや、SNSの友達申請、趣味の会合へのお誘いなどなど、相手に警戒心を抱かせない、気軽なお誘いで親しくなって、徐々に2人きりで合うような方向に持っていく

恋愛にうまく利用できれば、双方にとって無理なく距離を縮めることができます。

ザイオンス効果

会う回数が増えるほど、その人に好感を抱きやすくなります。

日本語では「単純接触効果」ともいいます。

クラスメートやサークル仲間同僚など、日常いつも一緒に過ごすことの多い人には、良い印象を抱きやすくなります。

顔をあわせている「時間」ではなく、「回数」の方が重要であることもポイントです。

ザイオンス効果の落とし穴

第一印象で不快感を覚えた相手とは、会えば会うほど不快になりがちです。

この場合、会う回数を重ねることは逆効果となります。

初対面では清潔感や笑顔など、最低限のマナーをクリアした状態で、接触することを心がけましょう!

嫉妬のストラテジー

嫉妬の感情は、恋愛において重要な位置を占めています。

これをうまく活用し、相手をわざと嫉妬させることによって、恋心に火をつけるストラテジー(戦略)のことです。

ライバルの存在を意識させたりすると、「早く自分のものにしないと」という焦りがうまれやすくなります。

お互い好意を持っているけれど、“恋人同士になる決定打が無い”といった段階などで、非常に有効です。

使えるセリフとは、「Aさんに告白されて困っている」

「Bくんに、食事に誘われた」など、好きな相手にこんな言葉を持ちかけてみて、相手の反応を探るようにします。

相手もあなたに好意があるようであれば、何らかの反応が見られるはずです。

あくまで「困っている」相談したいという体裁がポイントです。

返報性の原理

受けた恩は返そうと言う心理が働く事で、借りを作ったままでいると気持ち悪いため、その恩返しをしたくなるという心理です。

「返報性の原理」も恋愛に活用できます。

自分に好意を示し、高く評価してくれる相手に好意を持つ、これを心理学用語では「好意の返報性」と言います。

究極的に言えば、「あなたが好きになれば相手も好きになる。」という事

つまり「求めよ、さらば与えられん。」ではなく、「与えよ。さらば与えられん。」

なのです。

最強恋愛テクニックまとめ!

最も効果的な心理学でも実証されている7つの法則は、いかがでしたでしょうか?

全てを当てはめるというより、あなたの現在の状況からどれが最良かを選んで、少しずつ実践していくことで効果が出てくるはずです。

焦らずじっくりと、でもタイミングも必要ですからよく理解して、最良と思われる方法からためしてみてください。