恋愛ハウツー

7つの恋愛テクニック 【悪用厳禁】普段の会話で使えてしまう!

恋愛テクニック

動画で観る

Q. 好きな人がいるのですが、どうアピールしたらいいかが分からず困っています。

学部の友達なので、授業で一緒になると普通に喋ったりはしますが、あくまでも友達という感じでそこから発展しません。

友達以上になるために、さりげなく使える恋愛テクニックを教えてください。(大学2年生・男性)

こんにちは。

普段生活をしていて、好きな人には好かれたいのが人間というもの。

今日はみなさんの恋愛がこっそりうまくいく、そんな「7つの恋愛テクニック」をご紹介します。

悪用厳禁でお願いします。

ダブルバインド

ダブル・バインド

ダブルバインドとは、選択肢を2つだして相手を自分が思っている方向へ誘導する、恋愛テクニックのことです。

【具体例】

「ねぇ、今度映画を観に行こうよ!」

と誘うだけでは、断られる可能性が高くなります。

なぜならここでの返答の選択肢が、「行く」か「行かない」かの2つだからです。

そこで「今度の土曜日か日曜日、映画を観にいこうよ!」と誘ってみます。

こうすると、相手の選択肢は、「行く」か「行かない」の2択ではなくて、「土曜日」か「日曜日」かの2択になり、まるでマジックのように、どっちの日がデートの都合が良いか?選んでね!となります。

ここでは映画にしましたが、相手の好みが少しでもわかっているのであれば、なるべく好みの選択肢を含めて誘った方がいいでしょう。

たとえお相手が、うまく誘導されていると気がついても、会話は意外とスムーズに運んでいきます。

結果、オーライになることが多いですから、ぜひ試していてください。

ドア・イン・ザ・フェイス

 ドア・イン・ザ・フェイス

ドア・イン・ザ・フェイスとは、大きな要求をはじめに言ってわざと断らせ、次第に小さな要求をいい、妥協で引き受けさせる恋愛テクニックです。

まずは初めに、誰もが拒否するであろう負担の大きな要求をして、一度は相手に断らせます。

その後、段々と負担の小さな要求をしてくと、「それぐらいだったら仕方ない」と、相手が受け入れざるをえなくなるというものです。

人間は大きな頼みごとを断った場合、その後ろめたさから「次の頼みは極力聞いてあげよう」と考えてしまいます。

そうした心理を利用します。

【具体例】

「食事にいきませんか?」といきなり誘うのではなく、「一泊二日で旅行でもいきませんか?」 と、いきなり断られる可能性が高い大きな誘いをします。

ここで、まだ気の知れない関係だったら、相手はほぼ100%の確率で断ってきますね。

断った相手に立て続けに、「だったら今度、食事にいきませんか?」と、本来の目的である小さな誘いをする。

すると相手は一度断っているので、罪悪感もあって、二連続で断りずらくなるというテクニックです。

もっとわかり易い例として

仲の良い同僚に、「1万円あったら貸してくれない?」と、いきなり迫ります。

でも同僚は、戸惑っても貸してはくれないでしょう。

そこで、「悪いけど、小銭の手持ちが無いから、缶コーヒー代の100円貸しておいてくれない?」と話すと、それぐらいならと躊躇なく100円を差し出すはずです。

パーソナルスペースの利用

パーソナルスペース

パーソナルスペースとは、自分を中心に半径60センチの距離のことをいいます。

このゾーンにうまく入ることができると、ドキドキして相手のことを意識してしまうといったテクニックです。

【具体例】

パーソナルスペースの中に入り込むには、意表をつくか?それともさり気なくか?です。

相手にいきなり「ちょっと手相見せて!」と言って手を触る

この場合、相手の意表をつくわけですが、相手は自分の手相を見てくれると思い、手を触られても不自然とは感じません。

他にも「お疲れ様!」と言いながら、肩をポンと触る… などです。

異性が相手では、一見セクハラのようにも受け止められますが、特に相手が頑張った日や、トラブル処理などで大変だったときなどは、こうしたねぎらいの言葉が癒やしなります。

つまり、すんなりと受け入れてくれるということです。

このゾーンにうまく入ることができれば、その相手は、明日からあなたのことを意識する時間が増えるかもしれません。

YESの法則

YES

人は会話の中で、連続して肯定的に答える(ハイ)を繰り返すと、好意を持ってしまうという心理を利用したテクニックです。

心理学でも、実証され認められています。

あなたが、お相手に本当に聞いて欲しい願いを、「6回目」に言ってみてください。

【具体例】

まず、好きな人と会話をする時には事前に、『はい』と答えてしまうような質問を用意します。

例えば天気が良い日は、「今日は天気がいいですね!」などシンプルなものでいいです。

雨の日なら、「傘、忘れないようにね」でもいいです。

とにかく、たくさん相手にYESといわせればいわせるほど、相手は心理的に好意を持ってしまうというものです。

そしてその流れで、自分の聞いて欲しい要望を「6回目」にお願いします。

そうするとその6回目の要望は、かなりの高確率で受け入れられるでしょう。

ただし、ハイを言わせることばかりを考えて、話の内容が単純すぎておもしろくない時は要注意です。

相当頭の回転が早くないと、いきなりのタイミングで、しかも続けて「YES」を引き出すことはなかなかできません。

そのため、これなら使えるというパターンを、前もって考えておいたほうがよいです。

好意の返報性

プレゼント

他人から何かを与えられたりもらったりすると、お返しをしなければならないという感情が働いてしまう心理のこと。

性善説から来ているのかも・・・?

【具体例】

恋愛では、「自分に好意を寄せていると気がつくと、なぜだか急に意識してしまう」という心理を利用します。

ここで、「全くそんなことはない」という、反対意見をいう方もいます。

確かにそのとおりで、全ての人がそうではありません。

ただし、ほとんどの場合はこの心理通りに受け止めるはずです。

なぜなら、好意を持っている=あなたの味方です。

好かない=あなたの敵です。

あなたは、敵を好きになれますか?

あなたの味方を、無下にできますか?

あなたが好意をよせていることを相手に気づかせれば、相手は嫌な気がせず好意をお返ししてくれます。(言わないと中々気づかないものですからね)

その場合「Aさんのそういう優しいところが好き」

という風に具体的に伝えるのが効果的です。

「誰の」

「どこが」

「好き」

という3つのポイントを入れるといいでしょう。

「Aさんのそういう優しいところが好き」

それを伝えると、好意の返報性で、相手もあなたのことを意識せざるをえないはずです。

ザイオンス効果

ザイオンス効果

ザイオンス効果とは、一緒にいた時間が長い時間よりも、頻繁に回数を重ねた方が、より愛情が湧くというものです。

日本語にすると、単純接触効果となります。

とにかく会っている時間を長くするのではなく、会う回数を増やすことによって、相手の親近感があがってくるのがポイント。

一日中デートをするのではなく、何回かに別けてデートにいくと効果があります。

つまり、ひとつの大きなプレゼントをするよりも、回数を増やすために小分けにプレゼントをしたほうがいいということになりますね。

その方が、相手があなたに抱く愛情の量は、きっと増えることでしょう。

試してみてください。

2人だけの秘密効果

二人の秘密

「2人だけしか知らない秘密」を作ることができれば、そこには特別な仲間意識が生まれて、それが恋愛感情に発展しやすくなるというものです。

【具体例】

体のどこか隠れた部分に、特徴のあるホクロがあって・・と、教えてあげるだけでも効果があります。

家族の話や、ペットの性格や特技などの情報を共有するのでもOKです。

ちなみに「友達のサプライズ結婚お祝いパーティ」の、幹事同士が恋に落ちる例が多いのも、「2人だけの秘密」を持っているからです。

これは、全く未知なるものを、二人だけで共同で作り上げたという、強い結びつきの感情が生まれたからです。

相手に恋人や結婚相手がいるけど、好きでどうしても奪い取りたい!という時にも悪用できるかも?

出典:https://magazine.campus-web.jp/archives/2025

まとめ

普段の恋愛でも活用できる、7つの恋愛テクニックはいかがでしたか?

すべてを一度に使わなければ、効果がないとかいうものでもありません。

あなたの立場ならと考え、使えそうなものをえらんで、しかけてみてください。

きっと、思っている以上に使えるテクニックのはずです。

ぜひ、想う相手との恋愛がうまくいくように、試してみてくださいね。

good luck