恋愛ハウツー

年上の女性を振り向かせアプローチする方法!

年上の女子

年上の女性にアプローチ(心理から見えてくる振り向かせ方注意10ヶ条とは)

動画で見る↓

男性は一般的に、年上より年下の女性を好きになることがほとんどです。

だから多くの男性が、恋愛や結婚対象としてアプローチする相手は年下の女性

昔からの慣習なのか?理由はわかりませんが・・・?

あえていうなら、男性は年下の可愛い女性が好みだから、また女性は、頼りがいのある年上の男性を好むからかもしれません。

でも男性の中には、年上の女性を好きになる・好み・興味があるなどといった話もよく聞きますね。

特に10代の後半から、20代の半ばくらいまでは、意外とこの傾向が強いかも。

例えば、何かのきっかけで年上の女性と知り合い、その人の魅力にはまってしまったとか、あなたもきっと年齢に関係なく、生き方・しぐさ・性格などに魅力を感じてしまうことがあったはずです。

そこで今回は、実際の相談をもとに、年上の女性にアプローチする方法!

心理から見えてくる振り向かせ方、注意10ヶ条をご紹介します。

ある男性からの相談

青年

【相談】

27歳男性です。

私が好きになり交際する女性はいつも年上で今、片思いをしているのは38歳の女性です。

本気で彼女のことが好きなのですが、共通の知人から、私とは年齢差があるから将来を考えるとつき合うのは不安だと話していたと聞きました。

私は甘えることが苦手で、相手は不安かもしれませんが、引っ張っていけるような彼氏になりたいです。

年上の女性に振り向いてもらうにはどうしたらいいでしょうか?

【回答】

質問に答える

毎回、好きになる女性が年上とのことですが、30代の女性が、年下から好意を寄せられると、以下の疑問や不安を持つものです。

  1. 若い女性と知り合う機会があるはずなのに、どうして何歳も年上の自分に好意を持ったのか、という疑問
  2. 世代の違いで影響を受けたメディアが違うため、関係に慣れたらオバサン扱いされないだろうかという不安
  3. 近い将来、自分の見た目が老いたら捨てられてしまうかもしれない不安
  4. 恋人が同年代の若い女性と浮気するかもしれない。そのとき、自分は年齢で勝てないだろうという不安
  5. 年下だから甘えられてばかりかもしれないという不安(ただ甘えたいから年上を選んでいるのでは? と考える女性もいます)
  6. 相手は自分との結婚を考えて「つき合って」と言っているのかという不安(30代に入った女性は、年齢を重ねるたびにこの思いは強いはずです)
  7. 相手のご両親が関係を知ったら、自分の年齢のことだけで反対されるのでは、という不安
  8. もし結婚したとしても、子供を産めないかもしれない自分を受け入れてくれるのだろうかという不安

今片思いをしている女性が持つ、これだけの不安を払拭してあげることができるでしょうか。

もし、できるという場合は、長所と+αをアピールしてみることが大切です。

いつも好きになるのは年上であることを強調する

今回だけではなく「いつも」と伝えることで、「どうして何歳も年上の自分に好意を持ったのか」という疑問が彼女の中で払拭されます。

また、彼女と同年代の女性との交際経験があれば、「オバサン扱いされないか」

「見た目が老いたら捨てられてしまうかもしれない不安」

「同年代の女性と浮気をされたらという不安」

という年上女性が持つこれらの不安に対して、きちんとケアをしたかどうかを彼女が質問できるきっかけになります。

こうした質問は、交際前だと女性側からは聞きづらい内容です。

だからこそ、「いつも」と情報を開示することで、女性が質問しやすい状況を作ることが大切なのです。

できるだけ早いうちに、伝えるようにしましょう。

甘えたいわけではなく自分が引っ張っていきたいことを伝える

基本的に女性は、何歳になっても頼りがいがある男性が好きです。

年上の女性を好きになるけれど、甘えたいわけではなく自分が引っ張っていきたいという思いを伝えることで、ただ甘えたいから年上を選んでいるわけではない、という男らしさをアピールできます。

この点も、費用に重要ですね。

真剣な交際をしたいという意思を明確にする

30代以上の女性は、ノリで何となくつき合うという交際には、首をなかなか縦には振ってくれません。

なぜなら、交際のその先、結婚が見えない関係に時間を費やすことが不安だからです。

思いの強さは、年齢の差も必ず超えられます。

実際に女性より男性が10歳以上も年下のご夫婦がいて、何年たっても仲睦まじく暮らしていますからね。

好きになった年上の女性を振り向かせる方法は、まずは素直な気持ちをぶつけてみることが大切です。

現在の男女交際の関係

また現在は、フィフティフィフティという考え方も、根付いてきています。

つまり、同等や対等という意味で、どちらかがイニシアチブ(主導権)を握るのではなく、あくまでも二人で考え相談して、物事は決めるといった関係です。

”子育ては女性がするもの”は古い考え方で、二人で家事を分け合う時代です。

お互いを尊重し合う仲が、一番良い関係づくりができるでしょう。

出会いが少ないという方!

ライバルが少なくて出会えると評判になっているそうです。

↓早い者勝ちの出会いなら↓

メルパラ

日本最大級の出会い

ハッピーメール
知らないと損するハッピーメール!最初に知っておべき10のことハッピーメールは2,000年から運営開始され、19周年を迎える老舗優良の出会い系サイトです。 累計会員数はなんと、2019年12月...