恋愛テクニック

運命の人の見分け方を知るには?理論に基づいた最適な方法を使うべき!

更新日:

運命の人

あなたは今、付き合っている相手が「運命の人」かどうか?

気になって、迷ったりしていませんか?

または、運命の人は本当にいるのか?と思ったりしているのかもしれません。

もしいるとしたら、

  • 運命の人との出会い方
  • 運命の人の特徴
  • 運命の人の見分け方

を、今すぐ知りたいと思ったはずです。

そこで今回は、理論に基づいた最適な方法を使った、運命の人の出会い方と見分け方を紹介いたします。

この先を読んで、実行可能な行動をするだけで、理想の相手を見つけることができますから、試してみる価値はあると思います。

釣り目
ほほぅ運命の人を見分ける方法かぁ~
若芽
知りたいにゃ~

運命の人かどうか?

運命の人

運命の人の見分け方を知る前に、何故あなたは知りたいと思ったのでしょうか?

それは、今付き合っている相手でいいのか?それとも、私には違う相手がふさわしいのか?

そう悩んで、迷ってしまうからではないでしょうか?

確かに、選んだ相手が運命の人でなく、自分には似合わないと考えると・・・

この人を選ぶのは間違いかもしれない、早くリセットして運命の人に出会いたい。

そう思うのも、無理はないでしょう!

釣り合わない相手と、一緒に時を過ごしてしまうのは、とてももったいなく、誰でも損をした気分になります。

初めから、相手が運命の人とわかっているなら・・・

例えそうでなくても、運命の人を見分ける方法があるとすれば、迷うこともなく積極的になるはずです。

迷うのはちゃんと理由がある

もう一つの理由をお話します。

それは、多くの人は「絶対比較」しかしていないから・・・です。

絶対比較」を具体的に言うと、その人だけ見て、良い・悪いを判断することです。

あなたは、今付き合っている彼・彼女だけを見て、「この人でいいんだろうか?」と、判断しようと思っていませんか?

だから、迷ってしまうんです。

迷わないためにはどうする?

では、迷わないためには、一体どうすればいいのでしょうか?

それは、先程一人の相手を見て判断する「絶対比較」についてお話しました。

「絶対比較」では、迷ってしまうのが当たり前でした。

ですから、「絶対比較」ではなく「相対比較をすればいいのです。

「相対比較」とは、複数の人を比較して、一番ふさわしという相手を選ぶというやり方です。

これなら、よりベストな彼・彼女は誰なのか?が、はっきりとしますから迷うことはありません。

決して、今の相手が悪いと言っているわけではありません。

今の相手と比較(できれば複数人)して、判断すればいいのです。

一番よいと思う人が、やはり今の相手だとわかったら、迷わず選べばいいだけです。

運命の人との出会い方

運命を占う

このように、運命の人と出会うには、「相対比較」することで見分けることができます。

では、出会い方にはどのような方法があるのでしょうか?

  • ナンパをする
  • 友人に紹介してもらう
  • コンパ
  • 出会い系を利用する
  • 結婚相談所を利用する

など多くのことが考えられますが、ナンパや紹介、コンパは複数人を比較するという意味では、同時進行に無理があり、現実的ではありません。

おすすめは、ここでも紹介している出会い系です。

出会い目的の会員が集まる出会い系なら、複数の人と同時に軽いお付き合いをしながら、良い相手を選ぶこともできます。

特におすすめはこちらの、「ハッピーメール」です。

もう一つは、結婚相談所を利用することです。

結婚相談所は、結婚を目的とした「お見合い」というシステムを利用します。

一般的には1ヶ月に一度、数十名のプロフィールを写真付きで紹介され、その中から選んだ1人と、ほぼ確実なペースでお見合いをすることができますから、こちらも「相対比較」をすることができます。

もっと詳しく知りたい方は、「結婚の決め手」をご覧になってください。

ただし「お見合い」の難点は、年額にしても数十万円かかってしまうことで、出会い系なら1ヶ月たったの数千円で済みます。

運命の人の見分け方

運命の人

では実際に、「相対比較」ができる「運命の人の見分け方」をご紹介します。

これは、「林先生が驚く 初耳学」でも紹介された、確率論に基づいた「最適停止理論」を使った方法です。

これを「最適停止問題」として、試験に出題しているところもあるようです。

また、優秀な人材はどうやったら見つけるのか?といった、人材採用方法にも活用されています。

20人の面接者の中から、ランダムに採用を決めてしまうと、最適な人材が揃う確率は約5%のみ。

しかし、最適停止理論に基づいて採用すれば、最適な人材が38.4%の確率まで上がる。

理想のパートナーや最適な人材を見つけるために、確率を最大限にする方法はこれ以上の戦略はないとまで言われている方法です。

「0.37」の理論

最適停止理論に基づいた運命の人を見分ける方法として、最も確立を高めるために数学的に導き出した数字が「0.37」です。

「0.37」に達するまでは見定める期間となり、まずはその中で暫定(ざんてい)1位を決めます。

その後に出会う人の中から、暫定1位を超える人がいたら、運命の人(あなたの理想に最も近いお相手)となり、見分ける方法として最善なやり方ということになります。

具体的には、合計10人と知り合うとしたら、10人×0.37=3.7(4人)です。

  1. 4人までは、あくまでも様子見をするだけということになります。
  2. 4人の中から一番よいと思われる人を基準(ボーダーライン)とします。
  3. 後に知り合う6人の中から、基準を超えた人が現れた時点でストップします。
  4. 基準を超えた人こそが、運命の人となります。

4人目までは、あくまで基準をきめるための面接のみで、以降の6人目からは、本採用に向けた試験を行うといった感じに受け止めれば、想像しやすいかなと思います。

相対比較で、数字の「0.37」マジックを使うと、理想に近い「運命の相手」を選ぶことが出来るようになります。

必ずしも10人ではなく、15人や18人といった場合でも、「0.37」を当てはめて、行動すればいいだけです。

「0.37」の弱点

このように、「運命の相手を見分ける」方法として有効な「0.37」ですが、一つ大きな弱点があります。

それは、一般的な出会いのみでは相対比較する人数を、ある一定期間内に確保することが難しいという点です。

というのも、生涯にお付き合いをする人を20人とした場合でも、50歳までとするのは非現実的です。

つまり、今から30歳とか35歳くらいまでと考えるのが通常ですから、それまでの期間内に数十人ということになり、のんびりと出会うのを待っていたら、達成できなくなってしまうからです。

相対比較をするには、同時進行で複数の方とお付き合いをしなければ、意味がありません。

まとめ

運命の人の見分け方はいかがでしたか?

「運命の人」を「ソウルメイト」という呼び方(伴侶、仲間)もあるようですが、私はどちらかというと「親友」に近いように感じます。

また、はっきりとした特徴があるということではなく、なんとなく馬が合うとう感じでぴったりではないでしょうか?

運命の人とはいつかきっと会えるだろう・・・?」なんて想っていたら、何時になるかわかりません。

そのためには、出会い系を利用するのが最適ではないでしょうか?

二股三股の掛け持ちでも、「お付き合いしましょ」とはっきりと言わない限りは、それまではただの知り合いですから、気にすることはありません。

積極的に知り合うのが、一番確率が高くなります。

おすすめはこちらの、ハッピーメールです。

出会い系おすすめ

ハッピーメールのマッチングアプリ 1

ハッピーメールは2,000年から運営開始され、18周年を迎える老舗優良の出会い系コミュニティです。 また、ハッピーメールの累計会員数はなんと、2018年11月現在で1,900万人以上と他を圧倒し、日本 ...

ワクワクメール 2

ワクワクメールは2,001年から運営開始され、今年で17周年目を迎える老舗の優良出会い系サイトです。 会員数は700万人を超え、まさにマンモスといえる出会いマッチングのビックコミュニティです。 こんな ...

Jメール 3

出会えると評判のjメールは、2,000年にサービスを開始してい以来、18周年を迎えた老舗の出会い系です。 会員数は600万人以上と中堅どころのサイトながら、常にサービスの充実化を提供しています。 こん ...

-恋愛テクニック

Copyright© 出会い厨 釣り部 , 2018 All Rights Reserved.